こもれびチャンネル2ch:腹ペコチャンネル

※掲載されている写真は、個人情報保護法に基づき許可を得て掲載されています。

カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
携帯QRコード
qrcode
黒メバル

IMG_1210.JPG
仙台湾から石巻湾にかけて、黒メバルが姿を消して久しい。

確かに仙台湾から南の海域には存在はしているが、F1の影響はまだ確かにその影響を残す。
かつて春告魚と呼ばれ、何処にでも湧くように居た魚であった。

石巻湾以北でもその存在は極めて薄くなっている。
その要因が何処にあるのか、誰も確かな事は言えない。
大震災時の津波で藻場が埋まったり、岩礁の変化でベイトが少なくなったり。
しかし、どれも現状を説明しきれない。
今年、メバルばかりではなく、海は異常を来している。

7月までカタクチイワシが海を北上しなかった。それを捕食する大型の魚達の群れもムラがあり、漁業に多大な影響が出た。イカは高額な食材になり、さんまも鮭も余りに薄い海になっている。
雲丹もホタテもホヤも全てが低調。
ホタテの稚貝が高騰し、来年の養殖業はかなりきつい状況が想定されている。
何より、正月の出汁に欠かせないハゼすら湾から消えている。
湧くように居たもの達なのだ。

今年を振り返り、来年を想う。

岩手の譜代から尺に僅かにとどかない見事な黒メバルが届いた。
どうやって食べるのかを問われ、迷わず煮付けにしてもらった。
箸でこそぐように身をおとし、しゃぶるように食した。
そして最後に細かい身を含んだ煮汁をご飯にかけて、かっこんだ。

何も言うまい。
当たり前の美味しさがそこにあった。

来年の海を想う。
戻って来てほしいもの達を想う。
当たり前がそこにある幸福。
当たり前がそこにある世界。
我々が置かれた環境こそ、今憂いるべきなのかもしれない。

| - | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フレッシュトマトレシピ

2017110919430000.jpg
先月は長々休んで皆々様にはヘルプを頂き大変ご迷惑をお掛け致しました。今月から復帰できましたのも皆さんのお陰です。ありがとうございました。さて今日はトマトが大漁で、レシピを御紹介します。手前はトマトをスライス、オリーブオイルとブラックペッパーです。その奥はオニオンドレッシング漬け、右側はベーコン、鶏肉、エリンギ、玉葱を炒めて後からトマトのざく切りを入れ赤ワインで煮込みソースを作りショーとパスタでグラタンにしてみました。赤ワインで〓〓〓アラカン

| - | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
荒巻鮭
IMG_1091.JPG
譜代村から荒巻鮭届く。
80&#65533;pはあろうか。立派な鼻曲がり。

譜代の荒巻は、その製法から生でも食べられる。
勿論、朝ごはんの脇にかりかりに焼いて食べるのは定番。

さて。頭は塩抜きして麹で鍋にする。
へへへ。純米用意して。
〆は、変則はらこ飯。
切り身とイクラを大量にごはんにのせて、甘めの出汁をかける。

黙って。うん。黙って食ってくれ。

晩秋から初冬を告げる使者。
今年は不漁だから貴重だよ。
| - | 04:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さいけど大きな…

お盆を過ぎた途端に、秋めいてきましたが
そんな中。。小さい秋を見つけました。

IMG_1968.JPG

むかご。
ヤマノイモの肉芽です。
医療関係者は「肉芽」というと違うものを
連想しますが、
ヤマノイモの蔓につき、土に埋めると芽が出る種のようなものです。
ヤマノイモ同様に栄養価の高い食材で、しかも食べると…ヤマノイモとはちょっと違った食感で、なかなか美味しいのです!

塩茹でにして、おやつやおつまみに。

塩茹でしたら、茹で汁でご飯を炊き上げ、あとからむかごを混ぜて、むかごご飯に。

味噌汁や、かき揚げもオススメです。

酵素が豊富で、でんぷんなどの消化を助ける働きがあります。
滋養強壮作用があり、新陳代謝を促進し、老化防止、高血圧の改善に役立つとされています。
小さいのに、大きなパワーたっぷり
良いこと尽くめですね。

見つけたら、ぜひ召し上がれ‼︎

| - | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
蕎麦の季節
IMG_1004.JPG
| - | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お蚕哀史
IMG_0886.JPG
桑の木は、昔はお蚕さんの木の事。

透き通るような葉脈の葉っぱが、嘗て雪国の貴重な糧になっていたことなど、今の時代には関係もないことか。
桑の木、お蚕、女工哀史、雪国。
シルクなどともてはやされるその帰結産物だけが一人歩きする。

桑の木は、子供達には別な糧をくれる。
この季節。紫に熟した実が、やはり子供達の口の中を紫に染める。
昭和の頃。
別におやつに困らない時代であったけれど、この実を見つけると必ず手を出した。

甘くもない。若しくは少し甘い気分になる。でも実は渋みと酸味の味しかしない。美味しいにはほど遠い記憶。

今は誰も見向きもしない。
お蚕も紫おやつも、その記憶にあるだけ。
鳥と虫達だけの嬉しい季節なのか。
| - | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
海の宝石
IMG_0898.JPG
| - | 04:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年もこの季節です!
2017061716060000.jpg
何時も何時も皆々様には大変お世話になっております。3月から3ヶ月の間皆様に助けていただき、心より感謝申し上げます。さて今年のラッキョウと酢にんにくは実家で母と姉のリハビリ兼ねて作製しました。
美味しくな〜れ!!アラカン
| - | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
きりたんぽ
きりたんぽの語源が、ガマの穂であることは知らなかった。
発祥の地鹿角の方言でガマのことをたんぽと言う。

きりたんぽは、元々山師達から伝わる携帯食であったという。
昔は焚火で味噌焼にしたらしい。
転じて、醤油が貴重だった頃は、きりたんぽ鍋は味噌仕立てだった。
現代になり、本場秋田のきりたんぽ鍋は、比内地鶏のガラを煮出した醤油ベースの汁である。

スーパーの真空パックきりたんぽではない。今焼いたばかりの香ばしいたんぽを
ざっくり切り、比内地鶏と昆布と舞茸の出汁に入れる。

言わずもがな。
酒は吟醸では腰折れしてしまう。
力の強い地酒でなければならぬ。

鹿角駅前の路地裏に、その味を出せるお店がある。
「サロン・ド・美ふじ」
彼の地に行く時は、チェックして然るべきである。

IMG_0851.JPG



iPhoneから送信
| - | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今夜はなんちゃってピザ
2017030419210000.jpg
安い食パンを4枚並べてピザの具材をのせオーブンで15分 ピザソースが無くてもケチャップでもOK
タバスコで召し上がれ〓
| - | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/20PAGES | >>
SEARCH THIS SITE.
記事
最近のコメント
リンク
OTHERS